カテゴリーアーカイブ: お知らせ

正しくコルセット(サポーター)を使って腰痛改善!コルセットの注意点や正しい使い方

2021年9月19日

こんにちは。兵庫県たつの市フジイ整骨院 院長藤井敦志です。

患者様からの質問で、コルセットは夜寝てる時もしてたほうがいいですか?

コルセットっていつまでつけてたらいいですか?

と言う質問を多くいただきますので、腰のコルセットの正しい使い方についてお話ししたいと思います。

腰痛時にいつもコルセットに頼ってるけどずっとそれでいいのかな、とお考えの方はこちらをお読みいただくとお役に立てるかと思いますので最後までお読みください。

 

結論から申し上げると・・・

  • コルセットは痛い時だけ
  • 寝るときは外す
  • 自分のコルセットを身につける

これらを守っていただくだけで大丈夫です。

詳しくお話しいたしますね。

 

腰のコルセットに効果はある?腰痛改善のための正しいコルセットとその注意点とは。

コルセットは、腰からお腹にかけてしっかり巻くことで腹圧が高まり背骨が固定されますので、急な腰痛、腰に負担をかける重労働の方には腰痛の軽減にじゅうぶん効果があるとされています。

ぎっくり腰など急性の腰痛などには少しの動きで痛みが誘発されるので、コルセットを巻くことで腰の動きを制限することができることからやや動きやすくはなります。

しかし、腰痛を治すものではないのでご注意ください。

 

1、コルセットは寝るときには外すのが基本です

2、長期の利用は控えましょう

3、腰痛を予防するためにコルセットを使用するのはやめましょう

 

 

腰痛コルセットの長期利用によって起こる結末

 

コルセットをつけると腹圧が高まり、腰回りの筋肉の負担が軽減されて、腰痛がやわらぐ効果が期待できます。

 

一方で長期にわたってコルセットを装着することで、腰回りの筋肉が使われなくなり、姿勢を支えてくれる腹筋・背筋群の機能が落ちてしまうことがあります。

 

病院などでコルセットを処方されて、「腰が痛い間はつけておいてください」と言われるものの、はずすタイミングについてはあまり話されることはないかと思います。

 

当院に来院された患者様で、腰痛を起こしてから10年以上コルセットをつけたままだと言う方がいらっしゃいました。

 

その方は治療のためコルセットをとってまっすぐ立ってもらうと、立ってることもままならないほど姿勢筋(姿勢を正すための筋肉群)が落ちてしまっていたのでした。

 

そうならないためにも腰痛コルセットの長期利用(12ヶ月以上)は必ず控えるようにしてください。

 

 

あなたの症状に合わせた腰痛改善コルセットの選び方

腰痛コルセットは腰痛の種類や程度によって使い分けることによって、より効果的になります。

使い方をまちがわないようしっかり使い分けましょう。

 

1、ぎっくり腰の場合

ぎっくり腰などの急性腰痛の場合はやや幅が広めで硬めのコルセットを使用すると良いでしょう。

二重にバンドで絞められるようなタイプが1番お勧めです。

 

2、介護など重労働の場合

お仕事でどうしても腰に負担をかけてしまう方の場合は骨盤からお腹を保護してくれるような少し幅の狭めのコルセットを使用することをお勧めします。

これも二重のバンドがあるのがオススメですが、ゴムであれば骨盤を止めるだけでも充分効果があります。

お仕事をされないときは外しておくほうがいいでしょう。

 

3、腰椎圧迫骨折の場合

腰椎を圧迫骨折している場合は、寝返りや起き上がりなどの動作によってさらに骨折するリスクがありますので寝る時もコルセットは外さないようにしてください。

1、2ヶ月程度の使用が見込まれますので、医師の指示に従うようにしましょう。

 

 

腰痛改善のための天然のコルセットを作る筋トレ法

 

腰の痛みが落ち着いたら腰痛をぶり返さないための体作りが必要になります。

じっとしていると腰の痛みへの不安や悩みがストレスにつながるため、痛みの敏感な体になってしまうことがあります。

動ける範囲でいいので、コルセットを外して動くことから始めましょう。

 

先日来られた70代女性の患者様が「私は天然のコルセットを作るためにずっと努力してきたの」とおっしゃった方がおられました。

その方の姿勢は見事にぴしっと背筋が伸びたものでした。

 

今ではよく耳にするようになってきた天然のコルセット

腰周りの腹筋や背筋、そして腰の横の筋肉などのことを言います。

このコルセット筋を低下させないことが腰痛の予防につながることが論文にも証明されております。

 

「腰痛性疾患に見られる「コルセット筋」の筋力低下と簡便な坐位トレーニング」

浜西千秋 近畿大学医学部整形外科

内外腹斜筋、腹横筋、多裂筋など腹くう周囲「コルセット筋」の持続運動や筋力強化は慢性腰痛の予防と治療のみならず、腰痛由来の神経症状の治療や「ぎっくり腰」の予防にも有用である

 

天然のコルセットを作るための簡単なエクササイズをご紹介いたします。

 

お腹の横の筋肉を鍛える(腹横筋)

腹横筋を鍛える最もオーソドックスなトレーニングがドローインといわれる運動です。

 

腹式呼吸の動きを利用して息を吐きながらお腹を引っ込めたら、その状態を一定時間維持し、息を吸いながら元に戻すと言う動作を繰り返します。

 

セット30秒、慣れてきたら10回程度まで回数を増やしていってください。

ドローインは座っていてもできる運動なので、自宅や電車などで場所を選ばずにすることができます。

 

日に1回習慣づけることがおすすめですね。

 

まとめ

1、基本的にコルセットは急性の腰痛または重労働の際の支えに使って下さい

2、コルセットの長期利用は避けて下さい

3、腰痛が少しおさまれば天然のコルセット(腹横筋)を鍛えるようにしましょう

 

いかがでしたでしょうか?

腰痛の時に使用するコルセット一つとってみても、正しく使用しないと次の腰痛を起こしかねません。

正しくコルセットを使って腰痛になりにくい体作りをしていきましょう。

 

コルセットの使い方や天然のコルセットの筋力低下を防ぐ方法などは当院でもお話ししておりますのでお困りの際はお越しいただければと思います。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

《柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ・指圧師 藤井敦志 監修》


【患者さまストーリー】腰の痛みが原因の足のしびれに注意!なぜ起こる?どうやって治す?ストレッチでも治らなかった腰痛が変わった70代女性

2021年9月8日

腰の痛みから足がしびれるのにはいくつか原因が考えられます。

まずは病院に行って相談される方が多いでしょう。

その時にレントゲンを撮って「骨が狭くなっていますね」

「ここにヘルニアが見られますのでこれが原因ですね」

「脊柱管狭窄症です」

などと言われることが多いのではないでしょうか。

3ヶ月以上続いた腰痛と足のしびれを解消

これからご紹介する患者さんも同じように腰の痛みと足の痺れでお悩みでした。

このかたがどのようにお悩みを解消していったのか。

もし同じような症状でお悩みでしたらこれからのストーリーをお読みいただいて少しでも希望を持っていただきたいと思います。

 

薬には頼りたくない。腰痛と足のしびれでお困りだった70代女性

腰痛はたまにあったものの足のしびれまで出てきて心配になって病院で調べてもらったら「脊柱菅狭窄症です」と診断されました。

たくさんの痛みどめの薬をもらい、自宅でストレッチをやってくださいと言われただけで診断は終了。

自宅で不安な毎日を過ごしていました。

症状が変わらないまま2ヶ月以上経過した頃、苦しそうな姿を心配したお孫さんが「おばあちゃん、何もしないよりあそこの治療院に行っておいで」と紹介されたのが当院でした。

 

「脊柱管狭窄症って治らないんでしょ?」

 

はじめにおっしゃった言葉です。

すごく心配そうな面持ちでおっしゃったのが印象的でした。

「大丈夫ですよ。そのような症状の方は何人も改善していますので安心してください」とお伝えすると安心したような感じを受けました。

季節労働なのであと1ヶ月したらまた仕事をしないといけない。

このままだと迷惑をかけるかもしれないと心配だったのでした。

 

薬やストレッチでも治らなかった腰痛と足のしびれ。その原因とは。

朝起きるたびに右のお尻が痛くてふくらはぎがしびれてくる。

台所に行くまでが毎日辛い。

手のひらにいっぱいになるほどの薬を毎食後に飲まないといけない。

これからずっとこの薬は手放せないんでしょうか?

もう仕事はできないのかな?

いろんな不安を打ち明けていただきました。

 

病院でそのような診断を受けた方も改善された例は少なくありません。

もちろん改善しにくい症例もありますが、この方のお身体を見させていただいた所まだそのレベルではないことがわかりました。

 

この方の腰痛と足のしびれは膝と股関節の動きが悪くなっていることが大きな原因でした。

 

普通に立っていて、股関節を曲げずに膝を曲げることはできないです。

同じように股関節を曲げるためには膝と足首が動かないと曲げられないはずです。

関節が動かないと筋肉が硬くなり、血の巡りが悪くなるので痛みやしびれを起こしていたんですね。

鍼治療と体を整える手技を施したところ、「あ、さっきより立ちやすい!膝もちょっと曲がってきた」とおっしゃいました。

病院のドクターもその辺りはもちろんお存じだと思います。

しかし細かいところまで対応するには時間も人出も足りないのかもしれません。

 

「腰痛と足のしびれがなくなった!いつも通りの生活が取り戻せました」

 

3日目の治療日には「今朝は台所にも行きやすくなってきました」とおっしゃるまで回復していました。

 

今では1ヶ月に一度体を整えるメンテナンスを続けるだけでよい状態を保てるようになりました。

「一時は仕事もやめなあかんのかと思ってたけど良かったわ〜!孫に感謝や」と喜んでおられました。

 

いかがでしたでしょうか?

同じような腰痛や足のしびれでお悩みの方が少しでも安心して光を見出していただければと思い、このブログを書かせていただきました。

 

腰痛や足のしびれには病院で届かないところも関節・筋肉の治療を行うことで解消する例はたくさんございます。

今、そのようなお悩みをお持ちの方はいろいろな方法をお考えになり、ご相談いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

《柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ・指圧師 藤井敦志 監修》


むくみ解消! 立ち仕事でのふくらはぎのむくみの原因と仕事中にできる簡単マッサージ法。

2021年8月8日

先日の患者さんが「最近一日仕事が終わってからうちに帰ったらすごく足がむくんで気持ち悪いんです」とおっしゃいました。

実は夏の季節にはむくみを起こす方が多くいらっしゃいます。

特に女性がほとんどですが、なぜこの時期に多いのか。

また普段から予防したり改善したりする方法はないのか。

そのあたりについてお伝えしていきたいと思います。

 

暑い季節に足がむくみやすい理由とは

梅雨の季節になると体に水がたまりやすい状態になります。

東洋医学的にはその状態を「水毒」と言っています。

湿度が高いので体に溜まった水分を放出しにくくなります。

たまった水分は血液成分に残ってドロドロの状態になります。

ドロドロになった血液成分は心臓に戻りにくく末梢方向に溜まりやすくなります。

それが足のむくみにつながるんですね。

また、血の巡りが悪くなると筋肉を流れている血液も流れが悪くなるので筋肉が固くなります。

特にふくらはぎは筋肉が伸び縮みすることでポンプの役割を果たして血を心臓に戻してくれます。

戻りにくくなった血液はふくらはぎにとどまることになってむくみが生じるんですね。

 

暑い季節に溜まる水分がむくみとなってあらわれる正体は?

体には血液が全身に巡っています。

食事から吸収した栄養分は血液に混じって水分も一緒に全身に届けていきます。

汗は血液から取り出していて、暑いと感じた時に脳からの指令で体温を調節するため汗という塩分を含んだ水分を出して体を冷やしていきます。

しかし梅雨時から夏の間は空気中の湿気が多いのでなかなか汗となって蒸発してくれず、体に熱がこもりやすいんですね。

体に残った水分はむくみとなって残ってしまいます。

つまり汗をかかない、かきにくいことがむくませる要因だったんです。

 

ふくらはぎのむくみをとるには水を飲めというけどほんと?あまり知られていない正しい水の飲み方とは

ふくらはぎのむくみをとる方法としてよく水を飲みなさいと言われることが多いと思います。

私たちの体は全て細胞でできていて、細胞の中と外で水分が行き来することで体を正常に保っています。

適度に水分があることで血の流れを正常に保てるのですが、細胞内に水分の少ないドロドロの状態では流れは悪くなりますね。

ここまでのお話でふくらはぎのむくみは血液の巡りの悪さが原因だとお伝えしました。

やはり適度に水分をとることはドロドロの血液の流れを良くすることにつながるのでふくらはぎのむくみをとることにつながるんですね。

どんな飲み方がいいの?

1日に1〜2リットルの水を飲むことを推奨していますが、正しい飲み方をしていないと逆に体を悪くしてしまうこともあるんです。

ではここで正しい飲み方についてご説明いたします。

1、500mlのペットボトルの水を午前1本、午後1本に。

夏は暑いのでつい一気に飲んでしまいたくなりますが、少しずつ口に含む飲み方が一番です。

乾いた土に水を染み込ませるように、少しずつ体に染み込ませてくださいね。

2、冷たい水よりぬるめの水を

暑い日にキンキンに冷えたお水は美味しいですよね。

でもむくみ解消には冷たいお水は胃腸に負担がかかってしまうのでNGなんです。

できるだけ冷めたお水を飲むようにしましょう。

3、朝起きた時と寝る前のコップ一杯

体に溜まった老廃物は汗からも排出されます。

それによってむくみを解消することにつながります。

夜寝ている時に汗をかくことはよく言われていますが、寝る前にコップ一杯飲むことで汗をかきやすい状態になります。

また、かいた汗の分を朝起きぬけのコップ一杯の水で補う必要があります。

 

デスクワーク中にふくらはぎのむくみを解消できる簡単マッサージ

毎日お仕事中に座ったまま3分でできる簡単なマッサージをお伝えしますね。

1、両手のひらでふくらはぎを包むように掴んでください

2、両手のひらを合わすように絞ります。水を絞り出す感じです。

3、ふくらはぎを3〜5箇所に分けて下から順に3回ずつ絞ってください。

これだけで結構です。

下から順番に水を戻していくように絞っていくのがポイントです。

最後に膝の裏を指を使ってマッサージをしてあげるともっと良いですよ。

あまり強く絞りすぎないように注意してください。

また心臓に既往歴をお持ちの方はあまりやりすぎないようにしてくださいね。

この方法であまり改善しない場合は当院でも改善方法は治療法についてお話しすることができますので、ご相談ください。

 

まとめ

  1. 暑い季節に多いふくらはぎのむくみの原因は血液の流れの悪さ

  2. 一番早いむくみ解消方法はこまめに水を飲むこと

  3. 仕事中にできるふくらはぎマッサージ方法は水分を搾り上げること

これらを覚えていただいてふくらはぎにむくみを起こさない快適なお仕事ができる毎日をお過ごしてくださいね。

 

《柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ・指圧師 藤井敦志 監修》