坐骨神経痛の治療について

長引く坐骨神経痛でお困りの方へ

院長 藤井敦志

あなたはこれまで、こんなことで困ったことはありませんか?

  • 長い時間立っているとだんだんお尻が痛くなってくる
  • じっと長時間座っている時に太ももの後ろからふくらはぎまでしびれてくる
  • お尻が痛いとお医者さんに行ったのに腰のせいと言われ薬を出された
  • 薬を飲んでも一向に変わりがないのであきらめかけている
  • 歩くとすぐに痛みやしびれが出て困るのであまり外に出たくない

お尻から太ももや足にかけての痛みやしびれは「坐骨神経痛」と言われています。坐骨神経痛の原因の多くは腰のせいだと言われることが多く、腰の治療を受け続けている方がほとんどです。はたしてすべて腰のせいなのでしょうか。

このような症状に悩み病院でずっと治療を続けていたけどなかなか改善せず、当院での治療を受けてからまもなく症状がおさまってきたという例がたくさんありました。

ここでは坐骨神経痛の本当の原因と当院での治療方法をお伝えさせていただきます。少し長くなりますが、この症状でお困りの方はしっかりお読みください。

なぜ坐骨神経痛になるのか

坐骨神経痛の原因としてまずあげられるものに腰の骨の変性などによるものがあります。これらはレントゲンやMRIなどの検査でわかることができます。主な疾患をいくつかあげてみましょう。

①腰椎椎間板ヘルニア

背骨の間にあるクッションの働きをする椎間板という軟骨があり、この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアです。その飛び出したものが神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こしてしまいます。

②腰部脊柱管狭窄症

背骨の真ん中にある脊柱管には脊髄とそれに続く馬尾(ばび)神経が通っています。 この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、これを発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。

③変形性腰椎症

腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすのが変形性腰椎症です。原因としては、加齢、同じ姿勢を長時間続ける、腰に過度の負担をかける、などがあげられます。
 
この他にも、腰椎分離症やすべり症、帯状疱疹、腫瘍、糖尿病、ストレスなどの原因で起こる場合もあります。これらの疾患によって坐骨神経痛になると考えられ、腰に対する治療として牽引をしたり、痛み止めの薬を出されることが多くあります。

しかし、最新の研究論文で

2年間にわたる追跡調査によると、坐骨神経痛を有する椎間板ヘルニアの手術は保存療法より有益とはいえない。
職場復帰率や長期活動障害率においても手術の優位性は認められなかった

とされています。

つまり、坐骨神経痛の症状は椎間板ヘルニアの手術をしても改善する確率が低い。保存療法とは手術をせず様子を見ることであり、その方が改善する人が多かったと言うのです。腰の変性のせいであれば手術をすれば改善するはずの坐骨神経痛は、違う原因の方が多いということをしめしているのです。

坐骨神経痛の本当の原因とは

坐骨神経痛を起こしている方にどのような生活をしているのかを細かく聞いていると、

  • 同じ足に体重を乗せたままで長く立って仕事をしていることが多い
  • 気がつくと足を組んで座ってしまう
  • パソコン作業をしているとどっちかのお尻にばかり乗ってしまう
  • テレビを見る時、いつも同じところに座って同じ方向しか向いていない

など、かたよった姿勢での生活をされている方が多くみられました。

実はこれら日常生活のくせが坐骨神経痛の原因を作っていることがほとんどなのです。日常のくせなので自分では原因がわからない。わからないから改善する方法がわからない。という負のサイクルになっているのです。

同じ姿勢をとることが多いとどうなるのか

常に同じ刺激を受けた筋肉や筋膜は縮んだまま伸びなくなるという習性を持っています。縮んだままの筋肉は血流が悪くなって硬くなってしまいます。するとその部分を走る神経は通り道が狭くなって圧迫され痛みを引き起こす。これが本当の坐骨神経痛の原因なのです。

わたしが腰やお尻の筋肉のポイントを押していると「あー!いま足のほうにまでじーんと痛みがきます」とおっしゃる方がいます。腰の筋肉なのに足の方に痛みを感じる。これは関連痛というもので、坐骨神経痛にもつながります。詳しくは「トリガーポイントのページ」をご覧ください。

このように坐骨神経痛を引き起こす原因となる筋肉の緊張・短縮は日常生活のくせによるものが多く、そのくせを見つけ出し生活習慣を見直しながら筋肉や関節に対する治療をすることによって改善する確率が高くなるのです。

わたし自身長時間立ったままのことが多くなると足のふくらはぎや太ももの裏が張ったり痛くなったりすることがあります。
わたしの場合、お尻の筋肉の梨状筋(りじょうきん)という部分と骨盤の仙骨という部分が原因のことが多いので、症状が出た時に立っている時の足の向きを少し調整します。すると、徐々に痛みやだるさがゆるくなってくるのがわかります。

このように自分のくせを知り、少しの工夫をすることでじゅうぶん生活に支障なく過ごせることができます。

  • まっすぐ立っているつもりなのに左肩がさがってると言われる
  • じっと立ってると右足だけつま先が外を向いている

などは外から言われないと気づかないことばかりです。それを一緒に探すことから治療は始まります。

当院の坐骨神経痛の治療

生活環境のくせを見つけだす

これまでお伝えしたように日常生活の中にその原因がかくれていますので、しっかり生活環境をお聞きした上でいろいろな検査を行い、骨が関係するのか、または筋肉・関節のどの部分が関係しているのかを探し出します。

全体と部分の同時にアプローチ

かたくなった筋肉が神経や血管を圧迫して神経痛を引き起こします。その筋肉をゆるめることはもちろんのこと、筋肉が硬くなった原因となった体のゆがみを整えることも必要になります。

当院の坐骨神経痛の治療では、原因となる筋肉という部分と体のゆがみという全体の両方からアプローチすることでより早い改善に導くことができます。

生活習慣の見直し

坐骨神経痛の原因となった姿勢は自分では気づきにくいもの。知らぬ間に起こしていたその原因となるくせを見直すための運動や新しい姿勢をお伝えさせていただきます。

これらの治療内容によって、これまで病院で何ヶ月も牽引と薬だけの治療で改善しなかった坐骨神経痛がたった3回の治療でよくなったという方もおられます。「ずっとお尻の痛みや足の痺れがあって、仕事も続けられるか心配だった」という方も、「よくなってよかった」と喜んでいただきました。

長引く坐骨神経痛が改善された患者様

「夜も眠れない痛みが取り除けた」

坐骨神経痛の患者様の声2

たつの市新宮町 60歳女性 主婦

Q.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか
腰の痛み 関節の痛み
具体的な症状:左足のしびれ
Q.当院のことを何で知りましたか
紹介
来院の決め手:子供にすすめられて早く楽になり、痛みからのがれたい一心で・・
Q.実際に利用された率直な感想をお聞かせください
こちらにお世話になり本当に良かったです。
夜も眠れない痛みが取り除け安心して眠れています。

「びっくりするほど困っていた痛みが薄れていった」

坐骨神経痛の患者様の声1

たつの市 62歳女性 主婦

Q.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか
腰の痛み、姿勢が悪い
具体的な症状:腰の痛みから足の付け根の痛み時にはしびれも感じていた
Q.当院のことを何で知りましたか
紹介
来院の決め手:妹の紹介ではりをしてもらって良くなった
Q.実際に利用された率直な感想をお聞かせください
最初は簡単に痛みも取れなく続いた。しかし、3回4回目とはりをするにつれてびっくりするほど困っていた痛みが薄れていった。良かったです。

坐骨神経痛の治療の流れ

1.問診

問診

当院では問診を大事にしています。前述したようにあなたの日常生活が坐骨神経痛の原因となることが多いですので、どんなことでもこれまで体に起こった小さな変化も遠慮せずお話ください。
お伝えしたようにレントゲンだけで判断はできないことが多いです。そして対処法も変わってきます。職場や家庭環境などからも坐骨神経痛の原因につながることが多いのでなんでも気になることはお話しください。

検査

検査

坐骨神経痛の原因となる筋肉の硬さ、関節の動き、背骨や骨盤の傾き、などさまざまな角度から検査を行います。

治療

当院では電気・鍼・整体の3本の軸を用いて「全身」と「局所」の治療を行う総合治療をおこないます。

ハイチャージ療法

ハイチャージ

ドイツ製微弱電療器「ハイチャージ」を利用し、細胞レベルでの体の変化を狙います。それによって細胞が活性化するので自然治癒力を高めることができ、その後の鍼・整体の効果を高めることが可能になります。

トリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼治療

坐骨神経痛にかかわる股関節部の筋肉のポイントに鍼を施術します。その際神経痛のような「ズキューン」とくる関連痛が起こります。それがトリガーポイントなのでこの活性をしずめることで痛みを軽減することができます。

整体

整体

体の歪みやバランスの異常を整えながら筋肉・関節の痛みの改善をする整体です。
生活をしながら正常な体の動きを取り戻すことを目的とします。

治療計画

治療計画

治療をおこなったのち、調整されたあなたの体を保っていただくために、生活の中で気をつけていただくことをお伝えさせていただきます。
少しずつ自分の本来の体に戻るために、治療期間を広げながら検査と治療を続けることで、メンテナンスをするだけで良い状態を保てるようになります。

ご予約はお早めに

当院は完全予約制です

お早めのご予約を

当院では一人一人の患者様にあった治療方針で進めていくためにゆっくりお時間をいただいております。また当院は治療を院長が一人で行っているために1日で施術できる人数に限りがございます。そのために完全予約制を取らせていただき、ご予約をお電話またはインターネットでお取りいただく必要がございます。

当日や次の日などは予約が埋まっていることが多々ございますので、お早めにご予約をお取りいただきますようお願いいたします。

0791-62-4339 (「ホームページを見た」とお伝えください)

LINE@でもお問合せいただけます

LINE@にご登録いただきメッセージを送っていただくと、直接お問い合わせやご予約をお取りすることができます

あなたの坐骨神経痛の痛みが少しでも早く改善し、快適な生活が送れて笑顔を取り戻せるよう全力で治療してまいります。

(柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 藤井敦志 監修)


カテゴリー

アーカイブ