股関節痛の治療について

長引く股関節痛でお困りの方へ

院長 藤井敦志

あなたはこれまで、こんなことで困ったことはありませんか?

  • 股関節の痛みが一ヶ月以上続いている
  • 整形外科に行っても痛み止めを出されるだけでいっこうに変化がない
  • 手術を勧められたけど手術はしたくない
  • 立ったり座ったりするときだけ股関節が痛い
  • 痛みのせいで孫と遊ぶのが怖い
  • 変形のための痛みだから一生付き合わないといけないと諦めている

ずっと長く座っている仕事をしていて、だんだん股関節辺りが痛くなってきたけどずっと我慢してきたことや、階段の上り下りや車の乗り降りの時だけお尻から太ももの辺りが痛いけど病院に行くべきか迷っていた、という症状で悩んだ経験はありませんか?

実はわたしも股関節の痛みにはずっと悩まされていました

わたしの場合は、ずっと仕事がたて込んで前屈みをする時間が長くなってくると、だんだん骨盤のあたりから股関節の前の付け根あたりが痛くなってきます。

自分で自分の治療はできないですが、今では自分の股関節の痛みの原因が骨盤にあることがわかったので、それに対する動きを自分で行なうと仕事などに支障なく過ごせています。でもどうしてもつらいときは治療院で治してもらっています。

このように原因がわかってしっかりした対処ができていれば長引かせることもないし、それから大きな症状に発展することは少ないでしょう。

股関節の痛みで悩んでいます

しかし、たかが股関節の痛みとあなどっていてはどんな大きな疾患が隠されているのかがわかりません。しっかりご自身の股関節の痛みのことをわかったうえで適切な治療方法、自分での対処などを行うべきだと思います。

ここではあなたの股関節の痛みが治らなかった理由と本当の原因、そして適切な治療について述べていきます。ポイントをしぼってお伝えしますのでしっかりお読みいただければと思います。

あなたの股関節の痛みが治らなかったわけ

一概に股関節の痛みといっても多くの種類があります。
変形性股関節症などの骨の形自体に問題がある場合や、坐骨神経の痛みであったり、筋肉が緊張している場合は腰の筋肉からの関連痛の可能性もあります。
そういったいろいろな原因があるにも関わらず、病院で診てもらってレントゲンやMRIなどの画像での診断だけで決めつけてしまうのは、改善する方法を間違えてしまうのと、治るまでの時間を遅らせてしまうことにつながります。

股関節の痛みの原因

あなたのタイプはどれ?

股関節痛に潜む疾患

変形性股関節症
変形性股関節症とは「関節の変形が原因で股関節に痛みが出てくる症状」とされています。先天性と後天性のものがあり、炎症はないのですが進行すると言われており、男性より女性の割合が多いです。
股関節だけでなく膝関節にも現れる症状です。また、先天的なものが原因で変形してくる場合もあります。
臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)
臼蓋形成不全は股関節の受けが浅いために変形してくる症状で、中年以降に初めて痛みだして診断される場合があります。
先天性股関節脱臼
赤ちゃんの時に3ヶ月検診で判明する例が多い先天性股関節脱臼では、診断されると足にバンドを数ヶ月つけて股関節を正しい位置に戻す処置をされます。今では早期に発見されて股関節にバンドをつけるので改善されていますが、大人になって変形性になる可能性は高くなってくると言われています。

わたしの娘も3ヶ月検診で先天性股関節脱臼と診断され、バンドをつけられたのはかわいそうでしたが今では生活に支障なく過ごせています。ただし、生活環境によって股関節の変形を起こしやすくなりますので観察は必要だと思っています。

これらの症例は整形外科にいってレントゲン検査などでわかります。股関節が痛いと言うと画像診断は股関節だけを調べることが多いので、変形などが見つかると100%それが原因だと診断されることでしょう。そこで勧められるのは手術で股関節を入れ替えましょう。または、手術するほどでもないので注射や痛み止めで様子を見ましょうと言われます。

しかし、当院に来られた患者さんの中に病院で変形性股関節症と診断され、痛みの原因は変形のせいだから変わりませんと言われたにもかかわらず、当院での治療を進めていくうちに歩くのにも階段も支障なく生活できるようになった方が多くおられます。

はたして本当にその方の痛みの原因は股関節の変形のせいだったのでしょうか。
それについてお伝えしたいことがあります。

股関節の痛みが変形のせいではない。その3つの理由

1.股関節につながる筋肉群

股関節につながる筋肉群

股関節につながる筋肉はその周囲だけについているのではありません。関連する筋肉はお腹の筋肉や背中の筋肉、足は太ももだけでなく連結はふくらはぎ、足首にもつながります。おなかの筋肉に施術をしても股関節が動きやすくなったり、足首を動かしても股関節がゆるんだりすることもあります。

2.「筋力低下だ」という思い込み

変形が起こってくると筋肉が弱ることで痛みが出るので筋力をアップしましょうと言われます。筋力が弱ってしまうだけで痛みが出るのであれば一日中毎日痛いはずですが、そうではないことがほとんどです。弱っている筋肉もあれば硬くなって動かなくなっている筋肉もありますので、両方にアプローチする必要があるのです。

3.体のバランスの異常

股関節に痛みがでる方は体の左右・前後のバランス、骨盤の位置バランスなどが崩れている場合が多いです。崩れたままに生活を続けてしまうので一時的に痛みを和らげることをしてもすぐに痛みが再発してしまうのです。

このように変形性が見つかったとしても筋肉や関節を整えることを怠ると、痛みが治まらないばかりか変形を進めてしまう原因にもなりかねません。しっかり骨・筋肉・関節などから診ていく治療法を選ぶことで、病院で手術しかないと言われた股関節痛も改善する方向性が見つかるのです。

※注意点

◎このような症状の方は早めに整形外科などで詳しい検査を受けてください。

  • 痛みが一日中続く、夜寝ている時も痛い(夜間痛)
  • 急激に足の筋力が落ちてきた
  • 痛みと同時に熱がある

当院で行なっている股関節痛への治療

1.筋肉をやわらげる

鍼治療で筋肉をやわらげる

股関節の痛みがある方は筋肉が緊張したところが多くあります。まずは筋力検査などで緊張している部位や弱っている部位を見つけ出し、緩める必要があります。細胞活性するハイチャージ療法鍼治療などがこれにあたります。

2.バランスを整える

バランスを整える整体

筋肉が和らぎ動きやすい状態にしたところで、ゆがんでいる状態の体を元の動きやすい状態に整える整体を施します。股関節だけでなく、体の他の異常もこのバランス整体によって変化を与えることができます。

3.自宅でもバランスを維持できる方法をお伝えする

アドバイス

整った状態を保つためには自宅でできる注意点をお伝えします。それを毎日少しの時間続けていただくことで、もとの悪い状態に戻りにくく再発しにくい体にすることができます。

以前、このような方がいらっしゃいました

ある患者さんで、弁当を運ぶお仕事をされていて、階段を登ったり車に乗り込む際に股関節に痛みを感じるようになり、だんだんひどくなって徐々に寝ている時やじっとしている時でも痛くなって困っている、という方がいらっしゃいました。

その方はこれまでどこにも治療など受けたことがないので、自分の痛みがどこにいけばいいのかわからなく途方に暮れていたところ、たまたまいつも行く美容院の先生が当院の患者さんで「もしどこ行くかわからないなら一回行ってみたら?」と言われ当院に来院されたのでした。

「自分の股関節はどうなってしまったんだろう?」

「このままずっとこの痛みと付き合っていかなくてはならないのだろうか?」

「まだ孫と一緒に遊びたいのに不安や・・・」

そんなことを考えてずっと暗くなっていたそうです。
この方は変形でもなんでもなく、筋肉へのアプローチとバランス調整で3回目には普通に階段も上り降りできるようになっていました。

「孫とも一緒に遊べるようになってほんまに安心しているんです!」とおっしゃったときが一番うれしかったです。

股関節の変形があるからもうだめだ…
どこに行ってもなかなかよくならなくて長く付き合ってるからこのまま死ぬまで付き合うわ、と諦めかけている…

そのような方はぜひあきらめないで前向きになっていただきたいと考えています。

長引く股関節痛が改善された患者様

「今はうそのように楽になりました」

股関節痛の患者様の声1

たつの市神岡町 57歳 主婦

Q.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか
股関節の痛み
具体的な症状:去年秋ぐらいから歩きにくくなり、だんだん痛みが出てきて寝返りもしにくくなりました。
Q.当院のことを何で知りましたか
紹介
来院の決め手:以前お世話になり、先生の人柄が良かったので・・
Q.実際に利用された率直な感想をお聞かせください
今はうそのように楽になりました。来院するまではこのまま歩けなくなるのでは!と思ったくらいつらかったのが、痛みがなくなり、本当にありがたいです。

股関節痛の治療の流れ

1.問診

問診

当院では問診を大事にしていますので、あなたの日常生活など少し細かなところまでお聞きします。股関節痛に関係のないことでもこれまで体に起こった小さな変化も遠慮せずお話ください。
お伝えした通り股関節の痛みはレントゲンだけで判断はできないことが多いです。そして対処法も変わってきます。職場や家庭環境などからも股関節痛の原因につながることが多いのでなんでも気になることはお話しください。

検査

検査

股関節痛の原因となる筋肉の硬さ、関節の動き、背骨や骨盤の傾き、などさまざまな角度から検査を行います。

治療

当院では電気・鍼・整体の3本の軸を用いて「全身」と「局所」の治療を行う総合治療をおこないます。

ハイチャージ療法

ハイチャージ

ドイツ製微弱電療器「ハイチャージ」を利用し、細胞レベルでの体の変化を狙います。それによって細胞が活性化するので自然治癒力を高めることができ、その後の鍼・整体の効果を高めることが可能になります。

トリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼治療

股関節部の筋肉に対するポイントに鍼を施術します。その際神経痛のような「ズキューン」とくる関連痛が起こります。それがトリガーポイントなのでこの活性をしずめることで痛みを軽減することができます。

整体

整体

体の歪みやバランスの異常を整えながら筋肉・関節の痛みの改善をする整体です。
生活をしながら正常な体の動きを取り戻すことを目的とします。

治療計画

治療計画

治療をおこなったのち、調整されたあなたの体を保っていただくために、生活の中で気をつけていただくことをお伝えさせていただきます。
少しずつ自分の本来の体に戻るために、治療期間を広げながらまた検査させていただき治療をすることで、メンテナンスをするだけで良い状態になります。

ご予約はお早めに

当院は完全予約制です

お早めのご予約を

当院では一人一人の患者様にあった治療方針で進めていくためにゆっくりお時間をいただいております。また当院は治療を院長が一人で行っているために1日で施術できる人数に限りがございます。そのために完全予約制を取らせていただき、ご予約をお電話またはインターネットでお取りいただく必要がございます。

当日や次の日などは予約が埋まっていることが多々ございますので、お早めにご予約をお取りいただきますようお願いいたします。

0791-62-4339 (「ホームページを見た」とお伝えください)

LINE@でもお問合せいただけます

LINE@にご登録いただきメッセージを送っていただくと、直接お問い合わせやご予約をお取りすることができます

あなたの股関節の痛みが少しでも早く改善し、快適な生活が送れて笑顔を取り戻せるよう全力で治療してまいります。

(柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 藤井敦志 監修)


カテゴリー

アーカイブ