腰椎椎間板ヘルニアの治療について

腰椎椎間板ヘルニアによる痛みでお困りの方へ

院長 藤井敦志

あなたは現在このようなことでお困りではありませんか?

  • 腰が痛くて病院に行ったらヘルニアと言われてもう治らないと思っている
  • 病院で「手術してヘルニアを取り除くしかない」と言われた
  • ヘルニアは一生治らないものという不安が消えない
  • 手術はしたくないけどずっと腰痛と付き合わなくてはいけないのか不安

もしこれらのことが当てはまるようでしたら当院の治療がお役に立てるかもしれません。

このページをご覧のあなたはまず腰痛と足の痛み・しびれでお困りではありませんか?

そこで病院に行ったところヘルニアと診断され、どうしたらいいかわからない。または、薬やリハビリなど続けてきたけどあまり症状に変化が見られないので、本当に治るのか心配で眠れない。
当院に来院される患者さんの中にそのような声をよくお聞きします。

今から椎間板ヘルニアとはどんなものなのか、そして当院のヘルニア治療についてくわしくお伝えしますので、少し長くなりますがぜひご覧ください。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

髄核ずいかく

腰の骨は5つあり、その骨と骨の間には椎間板ついかんばんという円形のクッションがあります。椎間板の真ん中にはゼリー状の「髄核(ずいかく)」というものがあり、これらのおかげで様々な衝撃から腰の骨を守り、体を支え動きやすくしています。
歳をとったりいろんな衝撃が加わったりすることによって椎間板が破れたりして、中の髄核(ずいかく)が飛び出してしまいます。

この飛び出した状態のことを「ヘルニア」とよびますが、飛び出しただけで痛みが出てくるわけではありません。飛び出した髄核が横を走る神経にあたったときに初めて痛みやしびれを起こしてくるのです。「ヘルニア=坐骨神経痛」と思われがちですが、必ずしもヘルニアが坐骨神経を圧迫するとは限らないのです。

椎間板ヘルニアの症状

腰の椎間板ヘルニアになり背骨の神経を圧迫してくると腰痛や足のしびれ、麻痺が起こり、痛みで歩きにくくなったり寝ていても起きていても腰が痛くなるといった症状があらわれます。

ではヘルニアになると腰痛は絶対治らないのでしょうか?

ご安心ください。ヘルニアは消失しますし腰痛も改善します。決して治らない病気ではないのです。
そこで、ヘルニアについてお伝えしたい大事なことが3つあります。

1.椎間板ヘルニアは健康な人でも持っている

▽まずはこの論文をご覧ください

椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。
http://1.usa.gov/iN3oKG

これは国際腰椎学会という学会でボルボ賞をとった有名な論文ですが、これをみても腰痛の症状が出ていない健常者にもヘルニアや椎間板変性がみられることがわかります。

つまりMRIを撮ってヘルニアの像がはっきり見えていたから腰痛の原因がそのせいというわけではないことを知っていただきたいのです。もちろん原因の一つにはなりますが、これがあるからもう腰痛は治らないとは思ってほしくないのです。

2.ヘルニアは自然に消えてなくなる

以前はヘルニアが確認された場合必ず手術で摘出をしないと治らないと考えられていましたが、今ではヘルニアは自然に消失することがあることから、強い麻痺や痛みが生じている場合をのぞき、最低約3ヶ月は経過を観察することが主流となっています。

これはヘルニアがあって強い痛みが生じている場合、炎症を鎮めるため血液成分の白血球の中にある異物を消し去ってくれる「マクロファージ」という物質が活発になって異物を食べてくれるので、ヘルニアが自然に消失することがわかったからなのです。

ヘルニアがあると診断されてもすべておしまいではなく、ちゃんと勝手に消失することが多いということは知っておいていただければと思います。

3.手術をしないといけないヘルニアは全体の20%ほどである

ヘルニアと診断されて手術が適応とされるのは、

  1. 明らかに画像の所見と痛みが一致しており、「じっとしているのも辛い」というほどの強い痛みが足にまである場合
  2. 両足に強い麻痺や筋力低下が見られる場合
  3. 膀胱直腸障害といって排尿・排便する時の強い痛みがでるなどの症状が強い場合

これらの症状があった場合に限られます。

ヘルニアの所見が見られて上記の症状が強く見られた場合にはすぐにでも手術を受けた方がいいので早い処置をお勧めいたします。

しかし、ここまでの症状になるのは全体の20%ほど。他の80%に至っては上記にあるように経過を観察するうちに自然に消失することもあれば、他の原因(筋肉や靭帯、関節など)に対する治療をすることによって改善する例がほとんどなのです。

「それらの腰痛に対しては鍼灸とマニュピュレーション(手技)を行うことが有効である」という論文もあります。

これらのことから腰痛やしびれの原因がヘルニアにあるとは言えないということがおわかりいただけたでしょうか。これでヘルニアと診断されて手術をしないともう治らないと落ち込んだり、牽引だけしていても治らないからもう手術しかないのかと悩んでおられる方も、他にも治療法があることを知っていただけたかと思います。

椎間板ヘルニアの病院などの治療内容

まずわたしが言いたいのはヘルニアの治療をするにあたって「安静にする」というのは治りを遅くしていることだということです。

ヘルニアの治療法についてはいくつかあると思います。

  1. 手術
  2. 薬物療法
  3. 物理療法

これらが病院などですすめられる治療法だと思います。

1.手術

手術においては昔から骨をけずって圧迫を取り除き、中の髄核を引っ込ませる方法が主流でしたが、今では内視鏡下で行う手術が多くなっています。これだと入院期間も短く社会復帰が早いことからお勧めしている病院も多いようです。
ただし、前回お話ししたように手術に踏み込むのは全体の20%であるということを考えるとほとんど保存療法で改善するということになります。

2.物理療法

物理療法ではリハビリの部屋で牽引、電気治療などが主に行われます。たまに理学療法士さんに指導されますが入院されない限りは一度きりで自宅で行う運動を教えてもらうことで終わることが多いです。

牽引は昔から使われていて、当然効果が高いものだと思い接骨院でも使用されている例が多いですが、ほとんど効果がないです。
筋肉が引っ張られるので気持ちよくはなりますが、決して椎間を広げて中の髄核の圧迫が取れることはありませんので間違われないように。

牽引と電気療法でよくなるのは、痛みの原因がヘルニアのためではなく筋肉の過緊張にあるときなのです。

3.薬物療法

病院で手術するほどでもないしリハビリの指示を出さないとなると「薬で様子をみましょう」になります。
痛み止めの薬と筋肉を和らげる薬、血行を良くする薬、胃腸薬などですが、しっかり薬剤師さんに相談してどんな副作用があるのかなど聞いておかないと、どんどん強い痛み止めになっている可能性がありますのでお気をつけください。

そして一番思ってほしくないのは「安静にしたほうがいい」という考え方です。

これはヘルニアだからというわけではなく、ギックリ腰などでも言えることです。実際素直な患者さんは安静にしていてくださいと言われてほとんど家を出ないほど2ヶ月くらいじっとしていたところ、どんどん筋力が落ちてしまって外に出るのが怖くなったとおっしゃっていた方もおられました。それでも痛みが取れず当院での治療を受けてから改善された例も少なくありません。

統計的にも、腰痛になった方に安静にする、ストレッチをする、日常生活通り、という3者を比べたところ、安静にするが一番改善スピードが遅かったというデータも出ております。腰痛には日常生活のいつも通りの生活をしながらも治療を続けていくことが一番ということです。

ヘルニアは治る!?

ここまで病院で行われるであろうヘルニアの治療法を書かせていただきました。それでも経過をみていたけどなかなか改善しないという方も多いです。

「じゃ整骨院のような治療院でヘルニアが治るの!?」

そう思われるでしょう。答えは「ヘルニアは治せないけど痛みは治る」です。「じゃあここでも無理なんだ…」と思われたかもしれません。これはヘルニアという状態を戻すことは手術でないとできませんが、腰痛やその他の症状は改善するということを言っておきたいのです。

先程述べたようにヘルニアは健常者でも半分近く持っているものですし、自然に消失することが多いと言われています。腰痛やしびれの原因はそこにない可能性の方が高いのです。

当院でヘルニアと診断されても腰痛が改善された方がたくさんいらっしゃいますが、痛みの原因がヘルニアではなく筋肉や関節・靭帯にあったということなんです。

ヘルニアと診断されることで筋肉の緊張や関節の硬さなどを病院で診られることは少ないと思います。その細かいところをみるのが我々の仕事になりますので、これまで治療を続けてきても治らなかったのはアプローチが違っていたのかもしれません。

これでヘルニアなど腰痛の場合には安静にするのではなく、日常生活を送りながら筋肉・関節の治療を受けることが改善につながることがおわかりいただけたでしょうか。

フジイ整骨院のヘルニア治療

ここまで読んでいただいて

  • 腰椎のヘルニアは腰痛の原因にはならないこと
  • ヘルニアは自然に消失すること
  • 腰痛は筋肉・関節・靭帯などの組織の関連がほとんどであること

がおわかりいただけたかと思います。

ではヘルニアはなぜ起こるのでしょうか。「これをやったからヘルニアになる」というはっきりした理由がわかっているわけではないですが、日常の生活習慣が原因であることはわかっています。

人は知らず知らずに体に「クセ」を作ってしまいます。足を組むクセ。片足に乗せて立つクセ。片方で噛むクセ。どちらかに首を傾けるクセ。運転中どちらかのお尻に寄せるクセ。などなどたくさんあります。それらのクセが体に歪みをつくることになり、少しずつ腰椎などの骨に負担をかけさせてしまいます。それがヘルニアを出現させることになります。

しかし前述したとおりヘルニアが腰痛を引き起こすとは限りません。

患者さんの中には「歩け歩けというけど動いたらヘルニアがもっと出てくるんじゃないか」「腰を強く押したりしたらヘルニアがまた強くなるんじゃないか」という不安を感じられる方もおられますが、むしろ動かない方がヘルニアなど腰痛には悪いですし、当院では強く押さえたりボキボキする治療は行なっておりません。

当院ではその方の腰痛の原因となる姿勢やクセを見つけ出し、筋肉や関節に対して施術をしながら日常生活での注意点をお伝えして、少しずつその方の生活スタイルを保ちながら改善し再発を予防します。

腰椎椎間板ヘルニアの治療の流れ

1.問診

問診

当院では問診を大事にしています。前述したようにあなたの日常生活が腰椎椎間板ヘルニアの原因となることが多いですので、どんなことでもこれまで体に起こった小さな変化も遠慮せずお話ください。
お伝えしたようにレントゲンだけで判断はできないことが多いです。そして対処法も変わってきます。職場や家庭環境などからも腰椎椎間板ヘルニアの原因につながることが多いのでなんでも気になることはお話しください。

検査

検査

腰椎椎間板ヘルニアの原因となる筋肉の硬さ、関節の動き、背骨や骨盤の傾き、などさまざまな角度から検査を行います。

治療

当院では電気・鍼・整体の3本の軸を用いて「全身」と「局所」の治療を行う総合治療をおこないます。

ハイチャージ療法

ハイチャージ

ドイツ製微弱電療器「ハイチャージ」を利用し、細胞レベルでの体の変化を狙います。それによって細胞が活性化するので自然治癒力を高めることができ、その後の鍼・整体の効果を高めることが可能になります。

トリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼治療

股関節部の筋肉に対するポイントに鍼を施術します。その際神経痛のような「ズキューン」とくる関連痛が起こります。それがトリガーポイントなのでこの活性をしずめることで痛みを軽減することができます。

整体

整体

体の歪みやバランスの異常を整えながら筋肉・関節の痛みの改善をする整体です。
生活をしながら正常な体の動きを取り戻すことを目的とします。

治療計画

治療計画

治療をおこなったのち、調整されたあなたの体を保っていただくために、生活の中で気をつけていただくことをお伝えさせていただきます。
少しずつ自分の本来の体に戻るために、治療期間を広げながら検査と治療を続けることで、メンテナンスをするだけで良い状態を保てるようになります。

ご予約はお早めに

当院は完全予約制です

お早めのご予約を

当院では一人一人の患者様にあった治療方針で進めていくためにゆっくりお時間をいただいております。また当院は治療を院長が一人で行っているために1日で施術できる人数に限りがございます。そのために完全予約制を取らせていただき、ご予約をお電話またはインターネットでお取りいただく必要がございます。

当日や次の日などは予約が埋まっていることが多々ございますので、お早めにご予約をお取りいただきますようお願いいたします。

0791-62-4339 (「ホームページを見た」とお伝えください)

LINE@でもお問合せいただけます

LINE@にご登録いただきメッセージを送っていただくと、直接お問い合わせやご予約をお取りすることができます

あなたの腰椎椎間板ヘルニアの症状が少しでも早く改善し、快適な生活が送れて笑顔を取り戻せるよう全力で治療してまいります。

(柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 藤井敦志 監修)


カテゴリー

アーカイブ