カテゴリーアーカイブ: 簡単エクササイズ

正しくコルセット(サポーター)を使って腰痛改善!コルセットの注意点や正しい使い方

2021年9月19日

こんにちは。兵庫県たつの市フジイ整骨院 院長藤井敦志です。

患者様からの質問で、コルセットは夜寝てる時もしてたほうがいいですか?

コルセットっていつまでつけてたらいいですか?

と言う質問を多くいただきますので、腰のコルセットの正しい使い方についてお話ししたいと思います。

腰痛時にいつもコルセットに頼ってるけどずっとそれでいいのかな、とお考えの方はこちらをお読みいただくとお役に立てるかと思いますので最後までお読みください。

 

結論から申し上げると・・・

  • コルセットは痛い時だけ
  • 寝るときは外す
  • 自分のコルセットを身につける

これらを守っていただくだけで大丈夫です。

詳しくお話しいたしますね。

 

腰のコルセットに効果はある?腰痛改善のための正しいコルセットとその注意点とは。

コルセットは、腰からお腹にかけてしっかり巻くことで腹圧が高まり背骨が固定されますので、急な腰痛、腰に負担をかける重労働の方には腰痛の軽減にじゅうぶん効果があるとされています。

ぎっくり腰など急性の腰痛などには少しの動きで痛みが誘発されるので、コルセットを巻くことで腰の動きを制限することができることからやや動きやすくはなります。

しかし、腰痛を治すものではないのでご注意ください。

 

1、コルセットは寝るときには外すのが基本です

2、長期の利用は控えましょう

3、腰痛を予防するためにコルセットを使用するのはやめましょう

 

 

腰痛コルセットの長期利用によって起こる結末

 

コルセットをつけると腹圧が高まり、腰回りの筋肉の負担が軽減されて、腰痛がやわらぐ効果が期待できます。

 

一方で長期にわたってコルセットを装着することで、腰回りの筋肉が使われなくなり、姿勢を支えてくれる腹筋・背筋群の機能が落ちてしまうことがあります。

 

病院などでコルセットを処方されて、「腰が痛い間はつけておいてください」と言われるものの、はずすタイミングについてはあまり話されることはないかと思います。

 

当院に来院された患者様で、腰痛を起こしてから10年以上コルセットをつけたままだと言う方がいらっしゃいました。

 

その方は治療のためコルセットをとってまっすぐ立ってもらうと、立ってることもままならないほど姿勢筋(姿勢を正すための筋肉群)が落ちてしまっていたのでした。

 

そうならないためにも腰痛コルセットの長期利用(12ヶ月以上)は必ず控えるようにしてください。

 

 

あなたの症状に合わせた腰痛改善コルセットの選び方

腰痛コルセットは腰痛の種類や程度によって使い分けることによって、より効果的になります。

使い方をまちがわないようしっかり使い分けましょう。

 

1、ぎっくり腰の場合

ぎっくり腰などの急性腰痛の場合はやや幅が広めで硬めのコルセットを使用すると良いでしょう。

二重にバンドで絞められるようなタイプが1番お勧めです。

 

2、介護など重労働の場合

お仕事でどうしても腰に負担をかけてしまう方の場合は骨盤からお腹を保護してくれるような少し幅の狭めのコルセットを使用することをお勧めします。

これも二重のバンドがあるのがオススメですが、ゴムであれば骨盤を止めるだけでも充分効果があります。

お仕事をされないときは外しておくほうがいいでしょう。

 

3、腰椎圧迫骨折の場合

腰椎を圧迫骨折している場合は、寝返りや起き上がりなどの動作によってさらに骨折するリスクがありますので寝る時もコルセットは外さないようにしてください。

1、2ヶ月程度の使用が見込まれますので、医師の指示に従うようにしましょう。

 

 

腰痛改善のための天然のコルセットを作る筋トレ法

 

腰の痛みが落ち着いたら腰痛をぶり返さないための体作りが必要になります。

じっとしていると腰の痛みへの不安や悩みがストレスにつながるため、痛みの敏感な体になってしまうことがあります。

動ける範囲でいいので、コルセットを外して動くことから始めましょう。

 

先日来られた70代女性の患者様が「私は天然のコルセットを作るためにずっと努力してきたの」とおっしゃった方がおられました。

その方の姿勢は見事にぴしっと背筋が伸びたものでした。

 

今ではよく耳にするようになってきた天然のコルセット

腰周りの腹筋や背筋、そして腰の横の筋肉などのことを言います。

このコルセット筋を低下させないことが腰痛の予防につながることが論文にも証明されております。

 

「腰痛性疾患に見られる「コルセット筋」の筋力低下と簡便な坐位トレーニング」

浜西千秋 近畿大学医学部整形外科

内外腹斜筋、腹横筋、多裂筋など腹くう周囲「コルセット筋」の持続運動や筋力強化は慢性腰痛の予防と治療のみならず、腰痛由来の神経症状の治療や「ぎっくり腰」の予防にも有用である

 

天然のコルセットを作るための簡単なエクササイズをご紹介いたします。

 

お腹の横の筋肉を鍛える(腹横筋)

腹横筋を鍛える最もオーソドックスなトレーニングがドローインといわれる運動です。

 

腹式呼吸の動きを利用して息を吐きながらお腹を引っ込めたら、その状態を一定時間維持し、息を吸いながら元に戻すと言う動作を繰り返します。

 

セット30秒、慣れてきたら10回程度まで回数を増やしていってください。

ドローインは座っていてもできる運動なので、自宅や電車などで場所を選ばずにすることができます。

 

日に1回習慣づけることがおすすめですね。

 

まとめ

1、基本的にコルセットは急性の腰痛または重労働の際の支えに使って下さい

2、コルセットの長期利用は避けて下さい

3、腰痛が少しおさまれば天然のコルセット(腹横筋)を鍛えるようにしましょう

 

いかがでしたでしょうか?

腰痛の時に使用するコルセット一つとってみても、正しく使用しないと次の腰痛を起こしかねません。

正しくコルセットを使って腰痛になりにくい体作りをしていきましょう。

 

コルセットの使い方や天然のコルセットの筋力低下を防ぐ方法などは当院でもお話ししておりますのでお困りの際はお越しいただければと思います。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

《柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ・指圧師 藤井敦志 監修》


朝方に足がつる!急なこむら返りの対処法。激痛をどうかわす?

夜中や朝方に急に足がつってどうしようもなくて困ってしまう”こむら返り”。

先日患者さんから「朝に足がつったら何もできなくて治るのを待ってるだけなんですけど、なんかええ方法ないです?」

という質問をいただいたのでそれについてお答えいたしますね。

朝起きる時に足がつってストレッチすらできないという方は今からお伝えする内容で対処していただければと思います。ぜひお読みください。

 

こむら返りの原因とは。原因によって対処は変わる。

ふくらはぎがつる”こむら返り”の原因にはいろいろな理由があるとされています。

・ビタミンミネラルの不足

・筋肉の疲労

・睡眠不足

・血行不良

・体の冷え

・水分不足

冬の布団の中でよく起こっているのは「冷え」のせいだとも言えますが、夏に起こるのはミネラル・水分の不足が関わっているのかと思われます。

こむら返りが起こる理由として参考になる論文がありました。

体 力 科 学(2004)53,131~140

筋疲労および脱水が運動誘発性筋痙攣に及ぼす影響

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspfsm1949/53/1/53_1_131/_pdf/-char/en

”痙攣の予防に対しては、脱水が生じる前に適切な水分摂取を行うことが必要だと考えられる”

つまり筋肉の細胞には水分が必ず必要で、水分不足によって体のエネルギーが発生しにくくなり筋肉の柔軟性が落ちてしまう。

すると痙攣を起こしやすくなるということ。

 

やはりこまめな水分補給が絶対に必要!

「そうは言っても水を飲みすぎたらトイレが近くなるのが嫌なんです」

そんな声が聞こえてきそうですよね。

そんな方は、15分から20分に一度水を一口含む。それでオッケーです。

 

鉢に入れた植物に水を一気にあげてもある一定の量を超えると流れて出てしまいますよね。

体もそれと一緒で少しずつ染み込ませるように水を飲むことで体の隅々まで行き渡ることができるんですね。

 

ベッドの上で改善!寝たまま対処できるこむら返りの解消ストレッチ方法

ふくらはぎがつった時まずやっていただく対処はその場所を伸ばすこと。

でも動くと痛いので布団の中でストレッチをするのは至難のわざですね。

そこで簡単にできそうな伸ばす方法をお伝えします。

 

足がつる場所によって異なりますのでここでは2つ紹介します。

1、ふくらはぎ

足の指を足底側に曲げる時に使う筋肉。

なのでつった時はその逆にストレッチします。

足の指をつかんで手前に引くようにすればいいのですが・・・

そのためには自分の足首を持たないといけません。

それが辛い!

なので私のお勧めはうつ伏せにひっくり返って足首を曲げて指を立ててじっとする。

これだけでいいです。

その時深呼吸を2、3回するとなおさらいいですね。

もう一つはタオルを使って写真のようにストレッチする方法もいいですね。

 

2、スネの前、または足指が上がるつり方の場合

足の親指が上に曲がってしまう足の前側のこむら返り。

ここをストレッチするには足の指をつかまないといけないので寝たままだとつらいですよね。

 

この場合はタオルと足のゆびに引っ掛けてあぐらをかくように引っ張るといいでしょう。

寝たままじっとしていればできるストレッチなので楽にできる方法です。

 

寝ているだけで1分で対処。こむら返りをおさめるアイテム

「布団の中でストレッチしたり動いたりするのはどうしてもつらいんです。なんかええ方法ありませんか?」

そう言われた時に必ず私がお勧めするのが

漢方または塩分補給。

①芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

お医者さんに行ってももらえるし、薬局にも売っているので一つ持っていて損はないですね。

 

②塩タブレット

ミネラルを補給することで一時的な足のつりは解除されます。

私はいつも枕近くにおいているのは塩分チャージのタブレット。

これいいですよ。私もいつも足がつった時はこれを一粒飲むようにしていて、飲んで2、3分で自然に足は元に戻っていきます。

もちろん飲みすぎてはいけません。あくまで塩分をチャージするだけ。

ぜひこれはあたまにおいていただいてつったら一粒ご利用いただければと思います。

 

まとめ

1、足がつる原因はいろいろあるが主に水分とミネラル不足

2、水分はこまめに土に水を含ませるようにじわりじわり補給する

3、どうしても治らない時は塩分チャージタブレットを食べる

いかがでしたでしょうか。

どれでもいいので一つ方法を知っておくといざというときに使えますよ。

《柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ・指圧師 藤井敦志 監修》


座りすぎのせい?今巣ごもりで起こる腰痛の原因と対策とは。座りすぎ腰痛改善のストレッチ3選

コロナ禍の夏休みも終わってしまいましたね。

どうしてもおうちにいて座る時間が長くなってしまいましたよね。

最近、中・高校生の子供を持つおかあさんからよく耳にするのは「最近腰が痛いって言うんですけど、ずっとうちにいて勉強もせずゲームばかりしてるからなんでしょうか」というお悩みなんです。

ずっと座っているとどのようなことが起こってしまうのか。

座り続けると姿勢が悪くなるだけならまだしも、血の巡りが悪くなって脳への血の流れも悪くなることがあるんです。

座りすぎが健康リスクを高めているという研究結果はずいぶん前から言われていて、腰痛や肩こりはもちろんのこと、子供の様々な健康被害も起こす可能性を秘めています。

 

今回は座りすぎによって体に起こる健康被害と、座りすぎが原因と思われる腰痛やお尻の痛みでお悩みの方に1分で解消できるストレッチ法と対策についてお話しいたします。

 

あなたやあなたのご家族の腰痛が座りすぎのせいかなとお思いの方はぜひお読みいただいて対策を実践してみてくださいね。

座りすぎでこんな病気まで?腰痛だけではなかった座りすぎによる健康リスクとは

突然ですが、あなたは1日に何時間座っていますか?

「せいぜい2〜3時間ですね」

 「仕事はデスクワークだから6時間くらいなぁ」

そんなところでしょうか。

シドニー大学が行った「世界20ヵ国における平日の総座位時間」の調査では日本人の座位時間はサウジアラビアと並んで7時間と最長だったのです。

日本人のデスクワーカーは世界一真面目に働きすぎるということでしょうか。

出典:Bauman et al.Am J Prev Med,2011

それでなくとも真面目な日本人はお家時間が長くなることでもっと座る時間が長くなる。

そりゃ腰やお尻も痛くなりますよね。ゾッとします。

 

 

それでは座りすぎたらどんな危険があるのでしょうか?

研究では「一日11時間以上座っている人では、4時間未満の人に比べて死亡リスクが40%高まる」[豪シドニー大学van der Ploeg氏らの研究(2012)]という報告や、

[米ジョージア州アトランタ・米国癌協会・行動疫学研究グループPatel氏らの調査(2018)]でも1日6時間以上座っている人では3時間未満の人より、循環器系や消化器系、筋骨格系などの疾患による死亡リスクが高まるという報告がされています。

 

つまり、「座りすぎたら早く死んでまうよ〜!」ということなんですね。

 

そのほかにも1日9時間以上座っている人が7時間未満の人より糖尿病の確率が2.5倍上がっていたことがわかっていたり、抑うつや心理的ストレスを抱える率が高かったという発表もされています。

  

それほど座りすぎには健康を害する要素がたくさんあるということですので、日頃から座りすぎに対する対処は怠らないようにしたいですね。

そのクッションの使い方は合ってますか?間違いだらけの座りすぎ腰痛対策

 

座りすぎはダメなのはよくわかったけど、私は困っているのは腰痛なんだからどうにかしてよ。

そうお思いの方もいらっしゃいますよね。

ではなぜ座りすぎたら腰に痛みを感じてしまうのでしょうか。

人は立っているだけで重力に対して筋肉を使っていますが、 座っている状態では下半身の筋肉は重力に対する筋肉は使われないことになってしまいます。

つまり座っているだけで筋力低下を起こしてしまうんです。

 

また、 座った状態で股関節を深く曲げた状態が長く続くと骨盤周りの血の巡りが悪くなってしまうんです。

そうしたことから腰の筋肉の血の巡りが悪くなってしまい、硬くなるので腰痛を引き起こしやすくなってしまうんですね。

 

では座っていて腰が痛くなった時皆さんはどのように対処をされますか?

 

結構多いのはクッションを椅子の後ろに置いて座っていると言う方です。

腰にクッションを当てることが悪いわけではありませんが、間違った置き方をしてしまうと

より腰痛になりやすい状態を引き起こしかねないんです。

クッションを使うのであればお尻の後ろ半分に敷くようにして骨盤が起き上がるような状態にすることが1番ベストです。

ソファーに座っているように背中が丸くなったりのけぞるような置き方をしてしまうとより痛めますのでお気をつけくださいね。

30分に一回〇〇するだけで座りすぎ腰痛を改善する1分ストレッチ

 

ここでは座りすぎ腰痛の改善のための簡単なストレッチをご紹介いたします。

 

1、まず最初に座りすぎ腰痛を起こさないための一番の方法は30分おきに立ち上がることなんです。

勉強をする時にも30分おきに一回5分の休憩をおくことが集中力を保つためにも良いとされています。

トイレに行く、水を飲む、背伸びをする、少し 歩くなど何か決め事を見つけて30分ごとに動くようにしましょう。

 

2、 座ったままできる腰痛改善1分ストレッチ法。

 

①まず片足をもう片方の足の膝の上に乗せてください。

②そのまま体を前方にまっすぐ背中をまっすぐにして倒していってください。

③お尻のあたりにストレッチがかかっていることを感じたら20秒ほど止めてください。

 

④これを反対側の足も行ってください。合計で約1分です。

 

3、 次は片方の体をまっすぐ上に伸ばして反対側のほうに体を横に倒してください。

同時に反対側の手を床にまっすぐ下ろしてください。 これも20秒。

呼吸は止めないようにゆっくり行ってください。片方が終わったら反対側の腕も行ってください。

これを30分おきにどれか1つ行うことで座りすぎによる腰痛を防ぐことができるでしょう。

 

まとめ

1、座りすぎによって寿命を縮めることになるし腰痛だけでなく様々な疾患の原因につながってしまう

2、 椅子にクッションを置くときはお尻の後ろ半分にクッションをかまして背中に置いて骨盤が少し立つようにする

3、 30分に一回は立ち上がって背伸びやストレッチをするなど一度休憩をする

いかがでしたでしょうか。

どうしても集中している時にあっという間に1時間や2時間座りっぱなしということが多いとは思います。

 

仕事や勉強の効率を上げるためにも座りすぎには注意して毎日楽しく過ごしましょう。

 

それでもよくならない、自分では限界だ、というときは体を整える刺激を入れることもお勧めいたします。

(柔道整復師・あんま・指圧・マッサージ師・鍼灸師 藤井敦志 監修)

Tags :