【私の歴史〜修行先②】

【私の歴史〜修行先②】

2018年11月22日

こんにちは。たつの市フジイ整骨院 院長藤井です。

 

前回のブログではわたしの初めの修行先である柳接骨院でのお話を少しさせていただきました。

その次にお世話になったのは大阪環状線 桃谷駅から徒歩5分にある「新井接骨院」です。

自分で患者さんを治せる手技を身に付けたいと思い、いろいろなところに見学に行ったり面接を受けに行ったりして決めたところでした。

 

ここでは約2年お世話になりました。

新井先生のおかげでわたしは今後の治療ベースとなるトリガーポイント療法を知ることとなりました。

 

それまでのわたしは前の接骨院の院長の施術する姿を見ながらたまに揉ませていただくだけだったので、しっかり触る、痛いところがわかる、治すという、治療には当たり前のこともわからないままでした。

免許も何もない学生だったのでそれが当たり前なんですけどね(^^;;

 

免許を持った以上は自分でなんとか患者さんを改善に導かなくてはならない。

そう思っていた時にこの院と出会いました。

 

新井接骨院では先生が施術をすると「あ、そこそこ!」と患者さんが必ず声を発します。悪くなっているところをピンポイントで素早く見つけ出しているのです。

その姿を目の当たりにしたときは院長が憧れの的でした。おれもそんな風な声が聞ける治療をしてみたいと思えた瞬間でした。

今でも覚えている院長からの教えで「2分で悪いところを検索しないと間に合わんよ」との言葉。

それを会得するのにわたしには10年かかりましたが・・・。。

 

治療中に院長が治療している隣のベッドから聞こえる「あ〜それそれ!いたたたたっ!」という患者さんの声に「くそ〜わからん!」と必死になって患者さんに触りまくっていた2年でした。

 

トリガーポイント療法は今ではほとんどの治療院で使われている施術法で、たとえば首や肩が痛いと訴えているけれども、本当の原因となっている筋肉は、背中の方にあったり上腕部にあったりして、その離れた筋肉のポイントに刺激を与えると、もとの訴えていた場所に痛みを感じるというものです。

新井先生は関西医療短期大学の黒岩先生にこの方法を一緒に勉強したとおっしゃっていたので、勉強会を探し出して自分で黒岩先生のところで手技を習いに行きました。

 

なかなかすぐには捉えきれないもので治療として確立するには何年もかかってしまいました。

徐々に患者さんから「あ〜それそれ!」という声が聞けるようになったときは心の中で「よっしゃ!」とガッツポーズを繰り返していたものです。

 

当時は一人の患者さんにわたしが先に施術を行い、後で院長が交代して仕上げの治療をしていたので、直接の患者さんからの声を聞くことが少なかったですが、明らかに違う治療レベルによくこの時の患者さんは我慢してくれたものだと思います。

 

新井接骨院で学べたこと

  1. 治療のベースであるトリガーポイント療法を学ぶきっかけとなった

  2. 患者さんとの会話で痛いところや悪いところを引き出すことの難しさを学べた

  3. 治療の組み立て方 どの順番で探して治療して終わっていくかを瞬時に構築しないといけない

自分で考えて治療を組み立てるというのは、当たり前なのにその頃のわたしには考えてなかったことなんですね。

お恥ずかしい限りです。

 

大阪で接骨院を続けていくには非常に厳しいものがあります。

とくに桃谷駅周辺は見える範囲に何件も接骨院があるような激戦区です。

そんなところで何年もやり続けられるのは本当に治せるところからだと思います。

新井接骨院は今でも従業員を数名かかえながら15坪の狭い治療院でがんばっておられます。

 

次は地元姫路に帰ってからの出来事です。

 

《柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ・指圧師 藤井敦志 監修》

【たつの市・姫路市・太子町・山崎町で腰痛・肩こり・頭痛・膝痛・手や足の痺れ・神経痛・スポーツの痛みならフジイ整骨院】

【受付】平日8時半~12時半、15時~19時

土 8時半~13時

休み: 木・土の午後、日・祝日

クービック予約システムから予約する

【料金】

初診料 8,000円

施術料 6,500円

当院は明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療をお勧めしております。

自費治療では長年悩まされ腰痛やさまざまな慢性症状に対して鍼や整体・最新治療機器ハイチャージを利用した総合治療を行います。

【完全予約制】

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

0791−62−4339

兵庫県たつの市龍野町日飼341-7

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井 敦志 監修)


コメントはこちらへどうぞ