【腰痛を知ろう】椎間板ヘルニアは必ずしも腰痛の原因ではない?〜腰痛講座のお知らせ〜

こんにちは。フジイ整骨院院長藤井です。
 
先日、腰痛で通院中の患者さんにこのような質問をされました。
「椎間板ヘルニアって治るんですか?」
どうやら病院で椎間板ヘルニアと診断された方がいて、牽引と湿布を出されているけど一向によくならなくて困っているとお聞きしたそうです。
実際の話、椎間板ヘルニアを治せと言われると手術しかないと思います。
 
椎間板ヘルニアとは・・・
骨と骨の間に椎間板といわれる骨同士の接着とクッション機能を担う軟骨があり、
その椎間板の中には髄核(ずいかく)と言われるゼリー状の内容物があります。
この椎間板が変形したり、髄核が椎間板内から漏れ出して神経を圧迫したものを椎間板ヘルニアといいます。
椎間板ヘルニアを治すということは、この椎間板の変形や、漏れ出た髄核を取り除かなければなりません。
つまり手術しか方法がないということです。

でもほとんどの場合は手術などすることはなく腰痛は改善しています。
腰痛の8割は原因不明と言われており、ヘルニアに至ってもほとんどがその原因と一致することはないのです。
 

まずはこちらをご覧ください。
椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG
このデータからすると、腰痛の無い健康な人の4人に3人はヘルニアを持っているということになります。
これは腰痛研究のノーベル賞と言われる世界的な賞をもらった研究ですので、疑いようのない真実です。
 
では一体何が腰痛の原因なのか?
3か月以上腰痛が続く方のほとんどは、筋肉や靭帯、筋膜などに腰痛の原因があります。
 
筋肉などの原因があれば、それに対するしっかりした治療をおこなえば腰痛は治ります。治らないのはその原因に向かっていないからなのです。
 
もしもヘルニアが原因で腰痛が起きていると勘違いしてしまったら、いたずらに手術を受けるという選択をしてしまうことになるかもしれないのです。
もちろん手術が必要な椎間板ヘルニアもありますので手術を否定するわけではありません。
目安としては
・居ても立っても居られないくらい足の痺れが取れない
・排尿障害(おしっこをするときに痛む、出にくい)などの症状が強い
などのときには手術をおすすめしております。
 
腰痛治療のおいて最も大切なことは、症状の原因を正しく理解して、正しい治療を選択すること。
はじめにお話しした方もその後しっかりした治療を受けたおかげで今では普通に日常生活を楽しまれています。
 
今ではインターネットなどで簡単に情報を手に入れることができるようになりましたが、間違った情報のためにもっと早く治るべき腰痛なのに・・・と損をされている方もおられます。
 
そのような間違った情報をみなさんに知っていただき、正しい腰痛の常識を手に入れて簡単な腰痛予防を覚えていただくための無料腰痛講座を開かせていただくことにしました。

まだ若干席に空きがございますのでご友人をお誘いの上ぜひご参加ください。
 
 
クービック予約システムから予約する
【たつの市・姫路市・太子町・山崎町で腰痛・肩こり・頭痛・膝痛・手や足の痺れ・神経痛・スポーツの痛みならフジイ整骨院】
【受付】平日8時半~12時半、15時~19時
土8時半~13時
休み: 木・土の午後、日・祝日
【料金】
初診料 8,000円
施術料 6,500円
当院は明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療をお勧めしております。
自費治療では長年悩まされ腰痛やさまざまな慢性症状に対して鍼や整体・最新治療機器ハイチャージを利用した総合治療を行います。
【完全予約制】
1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。
0791−62−4339
兵庫県たつの市龍野町日飼341-7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。