熱中症に注意! 高温多湿の梅雨には〇〇をとるべし

2021年6月17日

Category : 対策

今年は関西の梅雨入りが20日以上早く例年以上にじめじめした日々が長く続くようです。

 

この時期でも気をつけなくてはならないのは熱中症。

 

熱中症と言えば7月8月のかんかん照りの日に起こるように思われますが、ニュースでよく学校で熱中症で倒れて何人もの子供たちが救急車で運ばれたと言う話を耳にするのは梅雨時が多くないでしょうか?

梅雨時の熱中症はなぜ多いのか。

そして一番危険と言われる高齢者の方々への対応策についてお伝えさせていただきます。

ご家庭に65歳以上の高齢者がいらっしゃるご家庭の方はぜひお読みになって、ご家族を守りましょう。

 

 

暑さに体がまだ慣れていない

 

6月の梅雨時は5月の過ごしやすい日々から比べると、急激に30度に上がる日があったり、また雨が降って涼しい日があったりと気温の差が激しく、またその気温の差に体が慣れていかない季節です。

このような時に長時間外に出て過ごすことで熱中症がおきます。

また、湿度が高いので体内の水分を外に排出しにくくなっています。

熱が体内にこもりやすく、まだ季節が早いからといってクーラーをつけないでいるとすぐに熱中症の危険性が高まります。

がまんせずクーラーや扇風機をつけて涼しいところで過ごすようにしましょう。

 

 

救急搬送される年代は65歳以上が半数

 

ある統計では熱中症で救急搬送される人を年代別で見ると、65歳以上が約半数を占めていました。

高齢者の特徴として、知らない間に脱水症状になってしまうことが多いです。

 

  • 喉の渇きを感じにくい

  • 暑さを感じにくい

  • 汗をかきにくい

これらが理由にあげられます。

 

65歳以上の高齢者をご家庭に持つ方、または高齢者だけで過ごされている方はまずこのことを守りましょう

1、こまめな水分補給をする

 

やはり水分補給は大事です。

高齢者はのどの渇きを感じにくいのでこまめに勧めてあげてください。

特に女性の方は「水をとったらトイレにすぐ行く行かないといけないから」と言う理由であまり取られない方が多いです。

1日に1.5リットル取ることが理想だと言われます。

ちびちびでいいので口に含ませてあげてください。

 

2、部屋の温度計をよく見て28℃。湿度は60%以下になるように。

エアコンや扇風機を遠慮せず使うようにしましょう。

高齢者のお部屋のコントロールをご家族がしてあげましょう。

3、外出先でも周りに人がいない時はマスクをとりましょう。

 

  • 距離をとる
  • マスクをとる
  • 水分をとる

暑さを感じにくい高齢者のために帽子を与えるなど日よけを心がけましょう。

 

 

まとめ

 

・6月7月の梅雨時にも熱中症が多い

 

・高齢者は特に暑さやのどの渇きを感じにくいので早めに対策を

 

・部屋の中でも外でも3つのトル

  • 距離をとる

  • マスクをとる

  • 水分をとる

 

コロナ対策のためにどうしてもうちにこもりがちな高齢者が多くいらっしゃいます。

熱中症などの症状を起こしてしまうと免疫も落としかねませんのでしっかり対策して楽な生活を送りましょう。

 

《柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ・指圧師 藤井敦志 監修》

Tags :


【スタッフ募集】一緒に働いてみませんか

2021年2月22日

こんにちは。フジイ整骨院 院長藤井敦志です。

このたび一緒に働いていただけるスタッフを募集しております。

当院では、体の不調でお悩みの方への治療を行なっています。

 

患者さまに健康で元気になってもらうことを大切に思っておりますが、一緒に働くスタッフさんにとっても健康で働きやすい環境であることが大切だと考えています。

 

無理な残業や仕事を押し付けるようなことはありません。

 

また他の患者さまに迷惑をかけたり、スタッフさんに無理難題を言ってくるような方は来ていただかないようにしています。

患者さまにとってもスタッフさんにとっても笑顔があふれる場でありたいという思いで治療にあたっております。

 

スタッフさんの仕事内容、待遇面などについて詳しく書いてみました。

 

少し長い文章になっていますが、お時間のある時にお読みいただければと思います。

フジイ整骨院はこんなところです

完全予約制の整骨院ですので院内には少人数だけで密になることはございません。

昨年院内の改装を行い感染対策機能を高めています。

落ち着いた雰囲気で仕事ができる空間です。

患者さまは幅広い年齢層の方がこられており、女性の方が多めです。

 

仕事の内容について

①開院前の準備

院内外の掃除、ベッドメイクやその日の予約患者さんのカルテ準備。

 

②診療中の仕事

・電話対応

予約やお問い合わせの対応をお願いしています。

 

・患者さん対応

患者さんが来られた時の対応、会計や次回予約の対応など。

 

・診療補助

患者さんの院内の誘導。

電気治療機器の取り付けや取り外し。

 

・事務作業

パソコンへのデータ入力や、ネット予約の管理。

書類作成や整理。

 

たくさん仕事があるように見えるかも知れませんが、慣れるとそんなに難しい作業はないかと思います。

慣れるまで今いるスタッフと一緒に覚えていただきます。

未経験の方でも分かりやすいようにマニュアルも作成しておりますので、ご安心ください。

 

待遇面について

時給900円(15時〜 950円)

研修期間あり(2ヶ月)

・応募資格

学歴不問、主婦のかたやフリーターさん歓迎です。

受付業務の未経験の方でも大丈夫です。

・時間

9時〜20時 その中でシフトを組みます。夜に入っていただける方を優先します。

1日勤務時間3時間からでも可能です。

週2日から相談に応じさせていただきます。

・休日

木曜日・日曜日

・待遇

年2回寸志

専用駐車場あり 車通勤可能

・アクセス

JR本竜野駅から車で3分

〒679-4122 兵庫県たつの市龍野町日飼341−7

その他

ユニフォーム・院内靴 貸し出し

簡単なパソコン作業経験のある方歓迎

コミュニケーションを大切にしてくれる方を

はじめて来院する患者さんなどは、どんな治療院なんだろう?本当に良くなるんだろうか?などなんらか不安を抱えていきます。

そんな中で、スタッフさんの笑顔、対応がその不安を解決に導いてくれます。

人とコミュニケーションをとるのが好き、誰かのために役に立ちたいと想う方を望んでいます。

「ありがとう」言ってもらえる職場です。

当院では、たつの市以外からも多くの患者さんが来られています。

いろんな治療を受けても改善しない方、あきらめず治したいと思っている方など、様々な体の不調をお持ちの患者さんが来院されます。

そんな方の不調が改善して、笑顔になって「ありがとう」と感謝の言葉をいただきますので働きがいを感じることのできる職場です。

どんな人が働いている?

現在、2名受付スタッフとして働かれています。

小さなお子さんがおられる方も働かれていますので、無理のない範囲で働いてもらえるように配慮しております。

お気軽にお問い合わせください

ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

電話でのお問い合わせ

電話番号:0791-62-4339

までお問い合わせください。

「求人を見た」と言っていただけるとスムーズです。

求人に対するご質問があれば対応します。

その後、面接の日取りなどを決めていきます。

 

 

たくさんの方のご応募お待ちしておりますので、よろしくお願いします。

フジイ整骨院 藤井敦志

 


「長く座っても腰が痛くならないための1分ケア」

2020年11月16日

Category : 対策 , 肩こり , 腰痛

今回自宅でのテレワーク、またはデスクワークが長くなって腰の痛みがいつも出ていてお困りの方はぜひお読みください。

 

デスクワーク中の腰痛を起こさせないために1分でできるケアをお伝えさせていただきます。

もしデスクワーク中の腰痛でお困りの方で、仕事中にいろんな体操やストレッチをやったけど変わらなかったという方は、これからお伝えする内容をやっていただくことで楽に過ごせることができることでしょう。

デスクワークの姿勢

長く座っているお仕事をされている人は基本的に頭は下がった状態で、背中を丸くしてしまう方が多いです。

その時手は下側、肩は内側にしないとお仕事はできません。

それを外側に広げるようにするだけで体は伸びていきます。

定期的に背中側に刺激が入るようにしておくことが腰痛を防ぐことになるんですね。

 

セルフケア

今回お伝えするのは肩を広げること。

ポイントは3つ。

1、まずは座ったまま背筋を伸ばして、小さく前ならえをしてください。

そのときに手のひらを上に向けてください。

 

2、脇を締め手のひらは上のまま外側にひろげてください

肩甲骨から背中全体が動くのを感じたらオッケーです。

このまま20秒ほど気持ちいい程度に止める。

 

3、もう一捻り外側にひねって10〜20秒

少し緩んできたら余裕のある方はもう少しだけ手を後ろに引いてみてください。

気持ちいいところで止めることは同じです。

 

 

これを座ったままでいいので疲れた時にやってみてください。

それだけで体は外に広がりますので腰までの筋肉までゆるみやすくなります。

 

痛みを感じない程度で気持ち良くなることが大事ですのでやりすぎないように気をつけてくださいね。

 

今回お伝えしたのは疲れを溜めてもらわないための方法ですので、それでも痛みがなかなか治らない場合は一度しっかり体をみていただくことをお勧めいたします。

 

(柔道整復師・あんま・指圧・マッサージ師・鍼灸師 藤井敦志 監修)