【病院で椎間板ヘルニアと診断されたけど牽引だけでよくなりませんでした】腰痛

【病院で椎間板ヘルニアと診断されたけど牽引だけでよくなりませんでした】腰痛

2017年2月17日

2月17日(金)鍼・整体・ハイチャージ療法のたつの市龍野町フジイ整骨院です。

右側の臀部と足が痛くてだるいのがどんどんひどくなってお困りの20代相生市の男性です。

 

痛みとだるさが出たのは2〜3週間前。それまではなんともありませんでした。

なんとか痛いまま過ごせていましたが3日ほど前に立てないほど腰痛がひどくなり、慌てて病院で検査をしてもらったところヘルニアと診断されました。

しかし、それほど強いものではないとのことで痛み止めの薬を出され、リハビリは牽引だけ言われて行ったそうです。

その後も痛みが治まらないため何かいい方法はないかとネット検索され、当院に来られました。

 

病院で「椎間板ヘルニア」と診断されたらもうずっと腰痛を持ち続けないとだめなのかと落胆される方は多いです。

しかし、ヘルニアを持っていても腰痛のない方もおられますし、ヘルニアが自然に消失する場合もたくさんあります。

椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG

このように健康な方でもヘルニアを持っているということが統計的にも証明されています。

 

この方もその不安を抱えていて、仕事で長時間クルマに乗ることが多いけどこのまま続けられるのだろうか。

今の仕事は気に入っているのにそのために変えないといけないとは思いたくない、とおっしゃいました。

腰痛のために好きな仕事を続けられないのはほんとに辛いです。なんとか力になりたいと思います。

 

今回はどんな筋肉・関節の状態か、圧迫している筋肉はあるのか、などを細かく見てみることから始めました。

やはり足の長さが軸足を強くしているせいで変化がありました。

また、よくお聞きすると右肩だけすごくコリが強く頭痛も突然出ることがあることがわかりました。

 

これで全体の体の崩れが原因であることがわかりましたので、筋肉を緩めながら脊柱の調整を念入りに行うことから治療を行うことにします。

 

一回目の治療では立った姿勢がまっすぐ重心を保てるようになりましたので、日常生活で気をつけていただくことを説明してどんどん動いていただくことをお約束としました。

必ず改善できると思える症状なので早く笑顔で仕事ができる生活を取り戻しましょう。

【それでは本日の予約状況です】

あと3名様までとなっております。

 

2月18日(土)はあと2名様まで自費治療受付可能です。

【たつの市・姫路市・太子町・山崎町で腰痛・肩こり・頭痛・膝痛・手や足の痺れ・神経痛・スポーツの痛みならフジイ整骨院】

フジイ整骨院は、助けてほしい、支えてほしいと願うあなたが素直に笑顔になれる場所を全力で提供します。

【受付】平日8時半~12時半、15時~19時

    土8時半~13時 

    休み: 木・土の午後、日・祝日

【料金】 

初診料 8,000

施術料 6,500

 

当院は明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療をお勧めしております。

自費治療では長年悩まされ腰痛やさまざまな慢性症状に対して鍼や整体・最新治療機器を利用した総合治療を行います。

 【完全予約制】 

1日でできる人数が限られますので必ずお電話でご予約をお願いいたします。

0791−62−4339

兵庫県たつの市龍野町日飼341-7 


コメントはこちらへどうぞ

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ